« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

お知らせ☆


最近、ブログのコメント入力が正常に機能しないようなのですsweat01sweat01


以前にも、そのような事があったのですが、何が原因なのか 解らないのですwobblysweat01


もし、入力できない場合があったら ごめんなさいo(_ _)o

コメント拒否とかは全くしておりませんのでsweat01 

入力できなくても、再度チャレンジしてみてくださいねo(_ _)oheart04


宜しく お願い致します。shine





2013年2月26日 (火)

お絵かき





  『 月 ~ 光 』




Photo














2013年2月22日 (金)

メッセージ



先程、何処からか解りませんが、メッセージのエネルギーが入り

無心で 一枚の絵を描きました。



タイトルを付けるとするなら・・・・・


「 地球と地球からの恵みである自然に感謝できない人間と 色褪せる地球 」



Sn3v00







追記 : ↑この絵・・・ 他の“存在”から見た イメージ だと感じました

     何処の“存在”かは解りませんが 地球に生きる人間にメッセージを伝えてきています


・人間として生きていられる根本とは何か

・大地と海が 人間に命を与えている

・人間にとって どれだけ大地と海が大切なものであるかを もっと感じなければならない 

・感じることが出来ない限り “それ”は続く

・愛とか何とか語る前に もっと“根本”を感じ 考えろ

・地球は 人間を受け入れた しかし 限界もある

・人間の黒い?エネルギーが 地球の美しかった色を失わせている

・地球と その自然に無関心な所ほど 穢れ(けがれ・汚れ)ている



他に もっと伝えてきている気がするのですが

とりあえず 言葉に置き換える事が出来たものだけ追記しました


それから ひとつ 僕からのお願いがあります


人工物の音が聞こえない場所で 自然を感じてみてください・・・








タイトル 『 地球と共に 自然と共に 』

Photo_4






2013年2月16日 (土)

マリアナ・ブルー



はじめて 二人で行った海


まるで少女のように無邪気で


裸足になって 海と ひとつになる その姿・・・



そこには



空と 海と 光しか存在しない  不思議な世界・・・










今日は marianaさんの お誕生日shine


おめでとうconfidentshine




プレゼントに描いた絵ですnote


Mariana



あの時の 海での光景・・・

その時に感じたものを 絵の色に籠めて

パステルを 指先で描く

光には 光のエネルギーを籠めて

青の色は 空と海と光が溶け合った色

それは marianaさん自身の色・・・




発送ギリギリまで描いていたので気づかなかったのですが

先程 あらためて marianaさんが撮った写真を見ていたら

光の下 青い色の中に 『 マリア様 』 を感じたのですshine

※ご本人の陰は気にしないで見てくださいね(笑)



そのことをmarianaさんに伝えると

この絵には 『 誕生 』 の意味が含まれている・・・

描いていた時は無心でしたので 

それを知って僕もビックリしましたsweat01



marianaさんにとって 今 必要なもの

そして これからも 共に歩むもの・・・


様々な意味が この絵には含まれていましたconfident



2013年2月10日 (日)

ハク式 陰陽図










Photo_3









Photo_4













2013年2月 9日 (土)

天之御中主神



僕が30代中頃 数々の不思議な事を体験させられていました

その最後の出来事・・・



休日の午後

暖かな日差しの中

ベットに横たわり ウトウトしていた

そして 半分睡眠状態になった時


天から 一本の光の柱が降りてきました


見たことの無い この世には無い色の光・・・


ゆっくりと 静かに 僕の胸に向かって降りてくる


僕は その光が胸の中に入って行くのを 静かに見ていた


いつの間にか 僕が着てた服は無く

その光が 体中に満ちて行くのが 透けた皮膚を通して見えるのです

足の先 指の先まで 体の中すべてが光で満たされた・・・


すると 体のあちらこちらから その光が 細い光の柱となり 天へと昇って行くのです

腕や脚 お腹や胸 無数の光の柱が 僕の体から 天へと還って行く・・・

その光景を見ながら 僕の意識が薄れていきました


その間 僕の心は 恐怖心や高揚感などは一切無く

只 その光を 受け入れていました



そして その数日後の朝

起きる時間の数分前 半分まだ眠っている状態の時でした

突然 目の前に 紫色で縁取られた紙が現れました

大きさは半紙くらい 僕に対して垂直に宙に浮いた状態です

その紙には びっしりと文字が書かれているようなのですが

何故か 僕と紙の間に霞がかかっているかのようで 文字が読み取れないのです

僕は 何か重要な事が書いてあるのだと感じ 必死に その紙に焦点を合わせようとしたのですが まったく見えません・・・

その紙は一枚だけではなく 何千・何万もの紙が重なっているのです

そして 表にあった紙がめくられ 後ろにあった紙が前に出て来ました

一定の時間が経つと 紙がめくられていきます

僕は 紙の正面に座らされ その全部の紙が終わるまで 見せられ続けました

どれほどの時が経ったのか分らなくなるくらい・・・


すべてを見せられ それが終わった

正座していた僕の体が横に倒れ込んだ

そして 次の瞬間


「 光を 信じろ 」


ハッキリとした 『 声 』 が聞こえた

耳に聞こえただけではなく 体中・・・ 魂まで聞こえてくる感じだった

そして 声を聞いた次の瞬間に 目覚まし時計のアラームが鳴り響いた・・・




その体験を最後に 僕に起こっていた一連の不思議な事は終わったのです

その すべての出来事に 何の説明もないまま・・・






そして 2013年 

その時が やってきました



新たな時代のために



新たな 宇宙の 時のために



役目を 果たすために・・・











Photo



天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ) : 阿比留草文字 自筆




※ 僕が以前 神代文字で見せられた雲・・・ それは 天之御中主神

  そして あの時の光も・・・









2013年2月 8日 (金)

揺るぎない・・・想い



Promise

作詞 ・ 作曲  : samfre

唄 : 初音ミク ・ 鏡音リン


http://www.youtube.com/watch?v=Og605LhK-Nw





傷口に触れたその時 君は微かに震えていた

行く先がわからずに 遠い空を見ていた 


胸に宿るこの痛みの 答えが欲しいわけじゃなくて 

ただ君が居る限り 約束を果たすだけ 


涙の跡が消えるまで 儚い輝きが

絶えることないように 強く抱きしめてるよ


揺らぎない想いは そう 君と二人で紡ぐ明日へ

その光さえぎるもの 振り払うから


壊れ行く世界が 今 鼓動の意味を示し始めた

心の中 固く誓う 君を守るよ ずっと・・・




物語のページを 乾いた風がめくってゆく

一人じゃないそれだけで 強くなれる気がした


傷ついた翼広げて もう一度羽ばたいてみよう

この声が届くなら 恐れる事はないから


遠い記憶がいつまでも 心を縛るなら

希望の色に染めて 未来を描けばいい


結ばれた絆は そう 強く二人を繋ぎ止めるよ

この命続く限り 離れないから


果てしない空へと 今 この手伸ばして希望探そう

望む未来 遠くはない いつか届くよ きっと・・・




揺らぎない想いは そう 君と二人で紡ぐ明日へ

その光さえぎるもの 振り払うから


壊れ行く世界が 今 鼓動の意味を示し始めた

心の中 固く誓う 君を守るよ ずっと・・・








2013年2月 3日 (日)

世間は 《節分》 と言うことで・・・



節分・・・・・



今年は我が家に 『 小鬼 』 が居るので 豆まきは行いませんでした(笑)



                                          以上







あっsweat01 本題はこれからですhappy02sweat01sweat01

『 節分 』と聞いて 感じたこと・・・



それは 「 過去を振り返る 」 



新たなスタートの前に

自身の 過去(前世も含め)を この時点で一度振り返ってみる



BGMにちょうどよい曲を ご用意しましたので


宜しければ この曲を聴きながら そっと目を閉じて・・


『 自分の人生 』  『 自分の魂の生き様 』 を想い出し 


そして 自分のこと・自分の魂が愛おしく感じたのならば・・・


自分を・・・  抱きしめてあげてください。。。





もしも あなた自身を愛おしく感じられなくても


ハクが あなたの元へ行き 


あなたの魂を ハグしますconfidentshine





BGM http://www.youtube.com/watch?v=B1_2AwldU7Y







« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ