« 日本の未来・世界の未来・宇宙の未来 そして あなたの未来 | トップページ | you'll never walk alone  »

2013年8月15日 (木)

戦争は終わっていない





今日 8月15日は終戦記念日


『 戦没者を追悼し平和を祈念する日 』 です。






あの日以来、日本人は戦争をしないと心に決め 今まで守ってきましたね。

当たり前のようだけど、それは誇るべき意思です。




しかし、世界を見渡せば 第二次世界大戦が終結してから 未だに争いが絶えません。

真の自由・真の独立を求めて 仕方なく武器を手に取り戦っている人達も居ますが

豊富な天然資源 及び 多額の資産欲しさに 

なんの罪も無い国に対して攻撃を仕掛ける愚かな国家があります。


お隣の国を見て下さい。

あっ、左側じゃなくて右側です(笑)

自分達の事を 『 自由の国 』 と言いながら

無実の国を犯罪国家扱いし、無実の人々にミサイルを落とす国・・・

そう、アメリカ合衆国です。



アメリカの一般市民は何も悪くはありません。

アメリカの政治家・大企業・CIA・アメリカ軍等が闇の手先となっているのです。

アメリカだけではありません。アメリカに賛同する国々も同じです。

NATO軍やアルカイダ、アルジャジーラも闇の支配下です。

その詳細については また後日。。。




日本は、アメリカと友好関係にあります。

でも、本当に 『 友好 』 な相手国として それに値するでしょうか?

確かに、共に協力し合って経済を発展し豊かな社会を築いてきた部分はありました。

しかし、アメリカの本当の姿を知れば知るほど 正義を名乗る悪にしか見えないのです。

このままでは、日本が 取り返しのつかないことになる と私は感じています。




皆様は、アメリカを どのような国だと思っていましたか?




アメリカの報道、日本の報道を見て聞いてる限りは

なんにも問題無く 日々を過ごせていますよね。


でもね、私は やっと気づきました。

今まで 真実は隠され続けてきたのです。

嘘で塗り固められた世界(社会)に 私達は生きていたのです。

これからは それを知り それに気づき  

本当の平和を求めて 人類は歩まなければいけないのです。


もし、このまま 世界中の人々が真実に気づかずに歩み続ければ

この地球は 闇の物 になってしまいます。


この私の言葉が、偏った思考・偏った発想だと聞こえるかも知れませんが

『 私は本気です。』






戦争の無い 平和な世界を 心から望むのなら


自分達だけが幸せになって それで終わりではなく


世界中・地球全体を見渡し


真実を知らなければならない。



平和を願うだけでは 何も変わらない



私は 世界中にある 嘘と真実を


ほんの一部分だけれども 皆様にお伝えしたい。 





そして、これから私達が何をしていけばいいのか・・・


それは 『 あなたが 何を選択するかにかかっている


そう、この言葉は 先日 私が感じたメッセージです。


今回の記事に繋がっていたとは、私自身も想像していませんでした。


実はそのメッセージ、


ネイティブアメリカンの起源の星 そこの存在からのメッセージだと 後から解りました。








イランの人と出逢い それが切っ掛けで 世界の嘘と真実を知ることが出来ました。


そして、必要なメッセージを 必要な分だけ届けてくれる存在達・・・



ありがとう。







【 リビア戦争 現地記者の証言 帝国のプロパガンダ 】 
http://www.youtube.com/watch?v=w4lx1fwftIQ




【 リビア: カダフィ   NATOの狙いはアフリカ統一通貨阻止 ドル維持 】 
http://www.youtube.com/watch?v=WV9WtX5GRN0&list=PL42BE05DBA5840FED




【 カダフィの真実を知ってほしい 】
http://www.youtube.com/watch?v=aggieI4YAVw




【 カダフィ死後のリビア 在仏リビア人証言2011年11月10日 】
http://www.youtube.com/watch?v=uQTSYkH4cWY






解らないことや 疑問に思ったことがありましたら、何でも聞いてください。m(_ _)m



« 日本の未来・世界の未来・宇宙の未来 そして あなたの未来 | トップページ | you'll never walk alone  »

Terra テラ」カテゴリの記事

コメント

haku☆さん こんばんは。

つい熱が入り…長文にて後から お送りさせて下さい。

闇とは つまるところ 自分の闇ですね。
haku☆さんの書かれた記事を こういう視点の人間が読んだ という風に 見て下さると 幸いです。

先に 本当の事を映画等に含めて流し 叉は真実を可能な限り伝えた作品の後に、情報を攪乱させる内容の作品を発表させ 告発者を狼少年に仕立てる情報操作の方法があります。

先に なんとなく伝えられ 打ち消されると 人はなかなか その情報を信じなくなるそうです。

本当はずっと昔からの支配なのでしょうが 彼らがどれほど長いスパンで計画を実行するか 誰も 想像がつかないですよね。
彼らの心は冷たく その血の維持のため暗い力を使います。

日本において はじめて執政者に彼らが接触したのは 織田信長らで

先に 宣教師を送り内情を調査させ 商人を送り 最後に軍隊。
その時代既に コロンブスからの大航海時代が始まり 実は開拓とは 現地人には悪夢の始まりだった。
植民地時代にて 日本は鎖国を実行し 260年間内乱のない奇跡的な国家を維持しましたね。

徳川家康は「宣教師は執政者になろうとしている」と喝破したと言います。

キリシタンを 徹底的に「迫害」したのではない。 悲願である国家統一を目の前に 欧米列強に一神教であるキリスト教を布教したのは何故か。
国家の内乱の誘発です。仏教 神道で統一している日本が 皮肉にも無垢なキリシタン第一世代が拡大しつつあったのです。
徳川家康の行った事は 第一世代の廃絶による 国家分裂の阻止です。

私は 他に方法がなかったと考えています。
ヨーロッパで魔女狩りにより行われたのは 真のスピリチュアルな能力を持った者の血統 一般人との繋がりの廃絶 価値観の塗り替えでした。

彼らの本拠地から それは始まったのです。

中世暗黒時代魔女狩り…日本でのキリシタン廃絶は 広い意味合いでは陰極まって成されたような気がします。

フランス革命で 実際に行われたのは 貴族と農民との間の体制の断絶 騎士の撲滅。
革命の折 農民の訴えにより結成された貴族の軍勢は、ロベスピエールらにより 惨敗 大量虐殺です。
明治維新から東京裁判までの流れと共通点があります。

ここで 王族の貴族の繋がり 精神性は絶たれ 近代化の名の元で 王族の役割は 塗り替えられたのです。
キリスト亡き後 キリストの教えが 権力に取って替わった事と それは同じです。

アフリカ… 日本
中東においても 彼らは ずっと同じ事をしていますね。
NWO目指して。

haku☆さん
続編楽しみです

clover ガムランさんshine

いゃ~ コメントを読んでビックリしましたsign03

僕が いずれ書こうと思っていた事を全部書いてくれてて(笑)

ガムランさんは全部知っていたんですね!真実を。


その通りです。

徳川家康が、日本の理想・在るべき姿の日本を創ってくれたのです。

もし、明治維新が起こっていなかったら、物凄く精神文化が発達し 魂も成長して

世界中の人々のお手本と成っていたでしょう。

それこそが、『 日いづる国 』 世界を導く役目を授かった日本の日本人の意味であったのです。

徳川家康は、神に与えられた大役を 本当によくやってくました。


しかし、あの明治維新で 全てが崩れ落ちてしまった・・・ 真の日本が失われたのです。

今の日本の人々は、今の幸せは明治維新があったかろこそ裕福な日本になったと思っているでしょう。

確かに、【 物質 】 だけは豊かになりました。物質だけは。(笑)


僕は、前世 特攻隊の前は明治政府を倒そうとして その時代に生まれました。

世界の中で最も重要な存在の日本が闇に飲み込まれてしまったら 

希望の光を失うという意味であり、闇が地球を支配してしまう

そう解っていたからです。

で、結果は惨敗(笑) 仲間の裏切りで暗殺&火を放たれ死にました。

闇と戦ったのは それだけではないのです。

前世の殆どは闇に立ち向かっていたのです。世界各地で。

って言うか、闇が地球を支配するのを阻止するために、私は人間に成りました。

だから今、何千年と続いてきた闇の地球支配計画が最終段階になったことを

私は みんなに知らせ 気づく時を待っているのです。

神様が 人々の気づきを待っているように・・・


NWO=New World Order 新世界秩序 ← 笑わせてくれます。ってか、目にするだけで吐き気がしますw

須藤元気 ← コイツも笑わせてくれます。

しかし、何も気づかない人々(ファン)は大絶賛してる(爆)

なんかグループを創ってパフォーマンスしてますが、動画とか絶対に観ない方がいいです。

吐き気が止まらなくなりますから。

haku☆さん

私は 騙されて来たクチでして。 (爆)
数々の 戦士や魔術師の魂の持ち主の著書に 助けられて やっと haku☆さんの記事に追い付けるわけです。

haku☆さんも そのひとり。
ずっと闘って来たなんて!

きっと私のそばには、魔女狩りで消えた魔女が…「アタシも、燃えたわぁ…。真っ白にね。フッ」って呟いているのです。

これから詳しく教わります。よろしくお願い致します。

ああ。そうですよ~。

す~ど~う~。なぁに やっっとるんかぁぁぁぁぁ。。

見かけの押し出しの良さに 目を付けられましたか。 まるで 二十世紀少年の「トモダチ」みたいです。私にはそんな感じに見えます。

そんなんじゃ いつかの前世みたいに 全身矢だらけになりますぞ。

自己批判の矢で。

最後の悪あがきなのに。今乗っかるなんて 何故だろう。

ルシフェルは 流石に賢いので 帰ってしまいました。

(笑)

後は 残党しかいない。

ええ。例えなんですが。

彼らは 後がないのですから 私達は洗脳された可哀想な脳を 洗って 私達の中の汚されたマリアとキリストを 綺麗にして起こしてあげるのです。
何しろ スーパークラスなんて ほんの数パーセントしかいないのです。

目(情報)耳(音波)鼻(薬品、匂い)口(食品、薬品)皮膚(注射、薬品)血液(薬品、)脳(社会体制 哲学 神秘 常識)毛穴まで…どこまでも 闇でふさぐおつもりなのは 地球上の皆様が 自分の力強さに気付くのを 恐れているから。

自分たちは 自家農業でまともなもの食って アーユルヴェーダで じっくり身体を治してます。

自分たちで 何か発症する添加物ばらまいて 医薬品で また開発費回収していますね。

更に地球をあれだけ荒らせるわけは…まで探ると 彼らの背中のチャックに気付く筈。

興奮し過ぎたので これまでにしておきます。

追伸☆最近のフェイバリット レジェンドは Nobu☆です。

ノブ。織田信長です。最近知りましたが 悪役オスカー級の、素敵サイキックだった!!

ああ。話してみたい。


ではでは。


私は レムリア時代 アトランティスから追われて追われて逃げて逃げて逃げて
「闇」に寝返らなければ魂が滅ぶ恐怖で ずっと逃げていました。
ほんとうの恐怖ですよ。
「闇」のふりはできない。
カンタンに心の奥まで見透かされてしまうから。
洗脳なんて言葉で言えないくらいの 「洗心」 です。
それで 最後の最後で 寝返りましたね。
「な~んだ 闇になる ってこんなにカンタンなことだったんだ・・・」
って思って 心の底から安堵したのです。
ようするに 
「闇」 じゃないんじゃないの?
やっぱり こっちのほうが 世界を平和に導くんじゃないの? って思ったわけです。
そこから何万年って いわゆる「闇」の時代を過ごしたけれど。
魔女狩りにあってない 魔女です。
だって 狩られないもの。   闇の手下だから。
貴族に抱えられて それでも最後 裏切りにはあってるけれど。
すどうげんき のこと  ―――
まるで 過去生での自分みたいだ  って思いました。。
最初は 純粋に 「愛」 だったのに ――
ものすごい極悪人だったとしても 彼の 「人」 を嫌いになれないのは
私自身が 半分 「闇」の住人だからでしょうね。。。。
だから今 償いの人生 なんでしょうかね。。。
誰かが言ってた ――
光だけの世界では 眩しすぎて 「人間」は気が狂ってしまう・・・って。。
ただ ほんとうに闇のエネルギーは おぞましいし 愛なんて かけらもない。。
再び あちら側に囚われるくらいなら  魂なぞ消えてしまったほうがいい とまで
思ったりもします。。。
・・・でも魂が分解されることも 同じくらいか それ以上に怖いですけれど・・・・
彼らがやっている 自分達だけがカラダにいいものを取り入れて
外には毒をばらまく・・・って
私達 地べたを這う昆虫類に対して 同じことをやってないだろうか・・って
考え出したら アタマが ぐるぐるしてきた 。。。。
  

私は 愛する人の命を 「正義」や「思想」に奪われてきたので
もう二度と同じ思いはしたくないし
ひとり取り残されるくらいなら きっと簡単に「悪」にもなります。
愚かだと言われても 誰になんと言われようが 
私は 愛する者の命を守る為には 悪にも闇にもなるでしょうね。
地獄に落ちることなんて 屁でもないわ。
そういう意味では 「正義」は 憎いです。
自分の命を 愛する者の為に生きて欲しいです。
同じ過ちを 繰り返して欲しくないです。

すどうさんには 家族はいるのでしょうか?
誰かのパパなんでしょうか?
どんな闇の帝王にも 愛する家族は いる筈です。
怖いのは 闇の 「エネルギー」で 人ではありません。。。
私は今になって ようやくガンジーの最期の時の気持ちが わかった気がします・・・・
「無抵抗主義」は ひ弱なエネルギーでは ありません。
抵抗しないこと は 闇にとって 一番してほしくないこと  だからです。

haku☆さん marianaさん

marianaさんのコメントを拝見していて、いわゆるセレブリティが あちら側のパフォーマンスを演じる姿を思い出してました。彼らも お子さんがいまして やはり脅迫に利用され得る立場なのです。

マドンナも強い力が、あるからこそ生け捕りにされ利用されてしまう。

憎しみと愛の起伏こそが 彼らのエネルギー源で エネルギーという意味合いでは 沢山の情操で搾取されているとか。

無抵抗主義が一番困る…。

一番恐ろしいものを見た個人が ひとつだけ見いだした 還ってゆく場所。

生きながらそこから動かない事は 大変な覚悟です。

私には、恨んでいる事で逃げている、ある境地があるんですが、時々やっぱり…駄目?とそこを見るのです。

marianaさんの見たものとは違うのかも知れませんが。

あちら側からの離脱者の告発により 事態を垣間見る事ができますが いくつもの蜂の巣のような 分裂した心の空洞に あちら側のビジョンが入れ込まれていて カウンセリングは難航するのだそうです。

こういう情報は 私も少しずつ取り入れたり疑ったりして来たものですが 皮肉な事であり 思わぬ報酬でもあると思うのが 常識の垣根を超えないと また騙されるので 人間としての枠組みの 要らない部分を
闇のお陰で 捨てようと思えるのです。

昆虫の搾取の世界にも似た 四次元世界が あって…。

どうしても こういうお話を無難に収める事が できないのです。

私は今 そのマドンナの境地です。。

愛する者を 戦わせない為には いくらでも
「この私」 が  そちら側に行くわ。。。

そして 私の中にある この 「愛と憎しみ」 の起伏こそ
向こうが欲しているエネルギーなのでしょうね。。。

haku☆さんへ

わたしには、正直、よく理解できなくって、すみません。

ただ、闇にこの世が覆われてしまうのも嫌ですし、嘘の世界も嫌。真っ黒なこの世なんて
これからも生きていく子供たちやいろんな生き物に残したくなんてないです。

この世は、たくさんのステキなココロに、キラキラする色が溢れていると思ってます。
だけど、そんな世は、年々、どこかから失われているという感覚だけはありますが。

でも、わたしは、想うんです。
この世に、今いるわたしたちは、闇に染めないパワーも方法もホントは知っているんじゃないかって。
ただ、未熟だったり、使い方をしらないだけだったり、気がつかないでいたり・・・って。
そんなことをいうわたし自身も未熟だから、ダメだけど。

わたしも、何か動き出さなきゃって、それだけは感じました。
わたしには、どんなパワーが掌にあるのだろう。

皆様へ

こちらのブログでの内容 趣旨を知ったなら 私の方で 更新毎に 内容に沿うべきでした。

性急に掘り下げたために 思わぬ波紋を呼んでしまい marianaさんを 傷付ける結果を生みました。

謝罪をする前に 申し上げたい事があります。

きっと解って下さっているのでしょうが 傷付ける意図はなかったということです。

私自身が marianaさんのところで いきなりの書き込みをした理由が marianaさんの言葉の 光が眩しく感じる状態だったからであり そういう意味では 私は 光 ではありません。

私に、marianaさんが光を投影しているように感じるのは、衝撃を和らげるための抵抗であり その言語化のためなのだと思います。

ただ 私自身も marianaさんの反応には 衝撃を受けたことは 解っていただきたいと思います。

marianaさんには 沢山の支持者が ネット上にもおられます。相談の経験で 直接相手を刺激しない書き方も 上手な方だと思います。

こちらでの今回のコメントでの私の印象では 個人的な 傷の表現 をなさっている というところです。

そこへ 正義を憎む や 相手同士の関わり合いから遊離した 机上の空論をする未熟な人格と関わったかのような印象を暗に滲ませた書き方をされると 私も 傷付きます。

直接批判もしにくいからでしょうか。

私は欠点を抱える一個人であり marianaさんを斬る事の出来るような光 ではありません。

実に巧妙に 被害者になりきられた と感じる人間であり きっと冷静さにも 欠けているのです。

私は あなたに どう応えれば良かったのでしょうか。

しかし haku☆さんの記事というよりは 私のコメントが marianaさんの事を傷付けたと思います。

そしてmarianaさんが 自分を守るための方便は 私個人にとって充分に強力な光です。

どうかそれを解って下さい。

乱文ですが 書かないと何を思っているか 伝わらないと思いました。

色々な気持ちの入り混じった文章です。
しかし 傷付けたという事は よく覚えておきます。

marianaさんが 闇云々など 元々あまり気にはなりません。

予想もつかない事でした。

お詫び致します。

ガムランさん^^
そんなことないですよ~。
ただ 私も ひとりの人間だ ということです ^^
傷ついた というよりも ショックだったのは なんで私は 「闇」を擁護したいのだ?
ということ。。。
それで ああ そうだった  私はそちら側にいた魂だった  と気づいたら
楽になりましたのです ^^
「そんなに闇を憎まないで~」 という感情が突然出てきたの。。
それで自分でびっくりした。
そして もともと正義はきっと 嫌いなのです。
真実も ひとつじゃないし  右か左か的な どちらかに「分ける」ことも 苦手だし
どちらか一方の意見を支持することも苦手。。。
それはきっと私が光も闇も両方 持っているから なのね。
2日間 自分のルーツ探しをして 見つけたら もうそれで私はおっけーです ^^
ガムランさんこそ どうか心を痛めないでくださいね ^^
ごめんね ^^
あ ガムランさんの中にももちろん闇があることは 知ってます ^^
そしてhaku☆さんの中にも 大きな闇があることもね ^^
その闇は 向き合わなくてもいい闇だとも思うし
ただ 自分の中に在る ということさえわかっていれば
それでいのだ   と思うのです。。。^^

ガムランさん

私が このような記事を書いていることと そのような思いを抱いていることがいけないのです。

申し訳ございません m(_ _)m

くまくまさん

コメントを書いてくれて ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1765770/52889963

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争は終わっていない:

« 日本の未来・世界の未来・宇宙の未来 そして あなたの未来 | トップページ | you'll never walk alone  »

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ